友引 引越し

友引の引越し

「凶事に友を引く」の友引。

朝は、昼は、夕は大吉とされています。

現代では、その字から友が引き寄せられるとされている為、お葬式では避けられますよね。

友引はこのお葬式の印象が強い為、悪い日と思っている人が多いです。

ですが、昔は「共引」とされており、今でも「勝負なき日、何事も引き分けになる日」という意味があります。

何事もなく平穏に終わる日ですから、実は友引は引越しに良い日取りなのです。

友引の縁起

現代では、「凶事に友を引く」の印象が最も強い友引。

ですが、友引にはいくつかの意味があります。

現代では、「友引」と書きますが、昔は「共引」と書くことは上でも述べましたね。

さらに前、もともとは中国の「留引」という表記でした。

訓読みすると「ともびき」ですよね。

これが始まりで、そこから派生し、「友引」になったと言われています。

では、「留引」とはどういう意味なのか。

これは、「現在あることが継続・停滞すること」を表していました。

「良き事象なら継続を、悪き事象なら対処を」という「状況を推し量り行動する日」とされていました。

これは、引越しで考えてみても、良い意味ではないでしょうか?

良い事は引越ししても継続して欲しいですし、悪い事は引越しを機に止まって欲しいですよね。

引越しは凶事ではないので、「凶事に友を引く」は当てはまりません。

「何事もなく平穏に終わる日」、「現在あることが継続・停滞すること」。

これらの意味は、どちらも引越しには良いことです。

ですから、縁起から考えて、友引は引越しに良い日取りなんですよ。

友引の引越しのメリット

友引は、朝は吉、昼は凶、夕は大吉とされており、一日が平穏に終わる日です。

ですから、家族での引越しなど、一日かけての引越しに向いています。

昼は凶ですから、お昼に休憩を挟むとちょうど良いですね。

単身の引越しなどで短時間で終わる場合は、午前中か午後2時〜に引越しをすると良いですよ。

あなたも、引越しでは大安が良いというイメージが強いと思います。

ですが、縁起と現実的な面を合わせて考えると、友引は引越しの日取りとして最適な日なんですよ。

大安の引越しはとても人気がある為、引越し業者の予約もすぐに埋まってしまいます。

また、人気がある分、引越し料金も高めになります。

一方、友引はお葬式の印象が強い為か、お葬式以外では実は良い日なのに、あまり人気はありません。

あなたも仏滅は良くない印象があると思いますが、仏滅と並んで友引も人気がないのです。

友引は一日が平穏に終わる日。

引越しは平穏に終わって欲しいものですから、友引は引越しに良い日取りです。

それにもかかわらず、それほど人気がないので、予約も取り易く、引越し料金も安めなのです。

縁起も良くて、予約も取り易く、引越し料金も安い!

六曜の中では、友引が引越しの日取りとして最適なのです。

引越しで重要な縁起ともう一つのこと

引越しの日取りの縁起も大切ですが、引越しでは「善は急げ」も重要です。

せっかく縁起の良い日取りでも、引越し業者の予約がいっぱいになってしまっては、縁起どころか引越しの日取り自体を見直さなければいけません。

友引の引越しは人気がないとはいえ、六曜を気にしない人も大勢います。

六曜を気にしない人は、現実的に考える為、引越し料金が安い友引を選ぶことも多いです。

人によっては、2〜3ヶ月前から引越しの見積もりを頼む人もいます。

引越しの見積もりが早い方が良いことは間違いないので、まさに善は急げなのです。

見積もりを頼む際には、早めに見積もりを取る人たちの間で人気のある、無料の引越し一括見積もりがお勧めですよ。

私もこの引越し一括見積もりを使って、引越しの予約をしました。

いくつかの引越し業者を、比較して決めることができるので便利ですよ。

引越しと六曜

引越しの縁起